足のむくみはサプリ摂取が効果あり|新しい食生活解消法

ウーマン

減量中は適切な間食を

スイーツ

低カロリーの嗜好品が人気

ダイエット中は、食事と同時におやつにも気を付ける必要があります。ダイエット中に人気があるおやつは、低カロリーの食べ物です。通常、おやつの適切なカロリーは、1日の総摂取カロリーの10パーセントから20パーセントの範囲です。成人の男女のカロリー基準は、3000キロカロリーから2500キロカロリーなので、おおよそ200キロカロリー以下のおやつが、低カロリーに相当します。中でも、小麦粉のふすまや大豆から作られているビスケットやシリアルは、100キロカロリー程度の上に、噛みごたえがあります。そのため、少ない量でも満足感を得られるゆえ、小腹がすいたときにも最適です。商品によっては、食物繊維やミネラルを含有しているので、栄養補給にもなります。

就寝前の間食に注意

ダイエット中の場合、夜間のおやつの食べ方に注意する必要があります。まず、寝る前には、何も食べないように心がけます。寝ている間は活動量が落ちるので、おやつのカロリーが消費されません。その結果、脂肪として体内に蓄積されます。また、睡眠時間は、身体が内臓をゆっくり休ませる機会です。しかし、胃に内容物が残っていると、内臓の活動時間が長くなってしまいます。よって、循環器系が不調をきたして、効率の良いダイエットできません。そこで、どうしてもおやつを食べたい場合は、就寝の3時間前までに口にするようにします。理想的な食べ物は、ヨーグルトや寒天などです。これらは、カロリーが低い上に、消化が良いメリットがあります。